肛門疾患に対する手術
肛門疾患の主なものは上図の通りです。
の中でも頻度の高い内痔核の治療について説明します
度のものは,座薬や内服薬で経過を見ますが,治癒が望めないものは以下の手術を日帰りで行っています

 痔核切除術 
局所麻酔、仙骨硬膜外麻酔や腰椎麻酔(サドルブロック)下に痔核を切除します。 
  
 痔核切除術
 脱肛の著明な状態: 痔核の脱出が全周にわたってひどいものに対して非常に有効な手術方法。
腰椎麻酔(サドルブロック)下に特別な器械を使って肛門の内部で切除します。
 
          
 専用の器械を用いて全周の粘膜を切り取ります。
これにより痔動脈は遮断され,肛門外に飛び出していた部分が内部に引き込まれます。
 痔核切除術
 麻酔は肛門にゼリーを塗るだけで痛みはほとんどありません。
いろいろな方法がありますが,当院では食道静脈瘤の治療に使用するOリング(輪ゴム)を用いて
内視鏡下に行っています。
 

 

結紮された痔核は一週間程度で自然に脱落します。 
硬化療法
 ジオンという注射薬を痔核に注入して治療する方法です。    詳細はここからどうぞ
 森外科TOPへ